カテゴリー別アーカイブ: つぶやき

オープンしましたぁ~^^

 

【過去のブログより転載】

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。ゆうさんの部屋へようこそ。

 一年半ほど、行ってた銀座の現場が終わり、ついに9/1オープンしました。

名前は「マロニエゲート」。マロニエ通りの入り口と言う意味らしいです。

自分のやってた現場がオープンするのをみるのは、感慨深いものですね。

みなさん、是非見に行って下さい。

僕も近いうち、行こうと思います。

ではまた^^

2007年3月13日 (火) 日記・コラム・つぶやき

鍛治工事・現場溶接工事は東京の斉藤工業へ!

カテゴリー: つぶやき | コメントをどうぞ

かっこいい大人になるために・・・

【過去のブログより転載】

こんばんは。ゆうさんの部屋へようこそ。

この間、テレビの歌謡番組で久しぶりに郷ひろみさんを見ました。

相変わらず、今年50とは思えないような若々しさとエネルギーに満ち溢れていました。最後に彼を見たのは「アーチーチー」と踊っていた紅白で、まだ僕が有限会社を立ち上げる前のことだから、5年以上前だと思いますが、そのときよりもまた数段パワーアップしている気がしました。

司会の黒木瞳さんは彼をキラキラした目で見つめながら、アメリカでずっと何してたんですかとか今年50ですけどどうですかとかいろいろ質問していました。

彼は、50代というのは僕が一番楽しみにしていた年代で今まではその準備をするのにずっと費やしてきたと言っていました。

昔から実はそういう彼の考え方が好きで、彼は僕の最も憧れ尊敬する人です。彼の著書も読んだことがあります。彼は10年以上も前から同じことを言っていました。彼の目は常に前を向いています。「あの頃はよかった・・・」なんて言葉は彼の辞書にはない。常に目は前へと、将来の自分へと向いています。

彼の言葉がチンプカンプンだったのか黒木さんはしばし、???って顔をしていました。

一日で人は変わらないけど、一日一日の生活を積み重ねるといつしかそれが人生になりますね。僕も郷ひろみさんを見習って、しっかりと将来の自分をイメージし、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

あんなふうにかっこいい大人になるために・・・(^^)

2005年12月28日 (水) 日記・コラム・つぶやき

鍛治工事・現場溶接工事は東京の斉藤工業へ!

 

カテゴリー: つぶやき | 2件のコメント

世の中間違っている!?(^^)

【過去のブログより転載】

こんばんは。ゆうさんの部屋へようこそ。

仕事の帰りです。

コンビニからでると、杖をつき、壁に寄りかかったまま動けなくなっている老人を見かけました。

「何、してるんだろう?」

気になりましたが、事務所に人を待たせていたのもあって、急いでいた僕は振り返らず車に乗り込みました。ギアをPからDに入れたものの、やはり気になった僕はブレーキペダルから右足を放すことができず、じっとその老人のほうに眼を凝らしていました。

やがて、自転車に乗った人がその老人に気づき近づいてきたので、僕は右足をアクセルのほうにのせかえようとしました。・・・が、なんと自転車はそのまま、前を向きなおして走り去ってしまったのです。

「なに・・・!?」

その後も何人か人は通りますが、老人に気付いても誰も声をかけずに通りすぎていきます。

「なぜ、誰も声をかけない!?」

「みんな冷たい。世の中、間違っている!」

余計なお世話かもしれませんが、見知らぬ人でも、この極寒のなか、動くことができずに凍死した・・なんてことになったら嫌だと思い、思い切って僕はギアをまたDからPへ戻し、車を降りました。

そして、老人のほうへ近寄り、声をかけました。

「大丈夫で・・・」

「ウッ・・・・・」すごい匂いです。

後ろから見て老人だと思っていたその人は、いかにも。

ホーム○ス・・・でした。

しかも、そのレゲエは一升瓶を片手に僕に、「あっちいけ」みたいに手で、シッシッってしたのです。

みんな通り過ぎるわけです。

世の中間違っていないですね。なぜか少し安心しました(^^;)

2005年12月16日 (金) 日記・コラム・つぶやき

鍛治工事・現場溶接工事は東京の斉藤工業へ!

 

カテゴリー: つぶやき | 2件のコメント

免停終わりました~(^0^)

【過去のブログより転載】

こんばんは。ゆうさんの部屋へようこそ。

永かった免停が終わりました。

免許が返ってきた日、さっそく車にキーを差し込んでエンジンをかける瞬間・・・

永かった・・・お帰り・・・とでも言ってくれているかのようなエンジンの音・・・

あれ?

・・・・・

かかりません。

バッテリーがあがったのかな?・・・

格闘すること15分・・・無事、「お帰り」と言うエンジンの音と共に僕を乗せた黒い車は夜の闇へと消えていきました★☆

2005年12月 2日 (金) 日記・コラム・つぶやき

鍛治工事・現場溶接工事は東京の斉藤工業へ!

カテゴリー: つぶやき | 2件のコメント

申し訳ありません・・・

【過去のブログより転載】

こんにちは。ゆうさんの部屋へようこそ。

仕事、毎日忙しいです。

建設業界は忙しさに波があって、仕事が多く人手不足になる時期と暇になって仕事がなくなる時期があります。毎年だいたいそれが同じ時期にきます。決算の時期と関係があるんでしょうか・・・今はちょうど忙しい時期なのでどこも人手不足らしくあちらこちらから電話をいただきます。「申し訳ありません、いっぱいです。」と返答してばかりです。

こんなとき、うちにあと倍の人数がいれば、売上も倍になるのに・・・って思ったりしますが、逆に暇な時期になると全員の仕事をうめることができずに交代で休ませてしまったりします。

一年中、いつも人が足りないか、仕事が足りないかのどちらかのような気がします。

会社を大きくするためには、人を増やして育てて仕事を増やすという流れでいかなければいけないと思ってます。でも最近はフリーターとか楽な仕事が増えてきたせいか、職人になりたいっていう若い人がなかなかいなくなってきました。フロム○やガ○ンなどの求人誌に載せたこともありますが、昔はかなりあった反響ですが最近では掲載しても一本も電話がかかってこないときもあります。

でも、前回求人広告をだしたときには一本ですが電話をいただきまして、しかも女性からです。しかし、女性には難しい職種だと思い、丁重にお断りしようと思ったのですが、よくよく聞いてみると主人なんですが・・・ってことらしく、年齢も28歳くらいでやる気はあるとのことだったので少し期待していました。でもひとつ腑に落ちないのはなぜ自分でかけてこないのかって思っていました。

じゃあ、明日面接にきて下さい。ってことになってから、電話口の女性から、あの~もうひとついいですか?と聞かれました。はい、なんですしょう?と聞くと・・・

「主人、日本語わからないんですけど大丈夫ですか?」

「・・・」

ご主人はイラン人でした。

またしても、「申し訳ありません・・・」と僕はその女性に謝り電話を切りました。(><) 

2005年11月12日 (土) 日記・コラム・つぶやき

鍛治工事・現場溶接工事は東京の斉藤工業へ!

カテゴリー: つぶやき | 2件のコメント